霧ヶ丘つだ病院

093-921-0438
FAX:093-921-5988
電話受付時間:AM9:00〜PM5:00
福岡県北九州市小倉北区霧ヶ丘3丁目9-20

文字サイズ

無呼吸の治療

睡眠時無呼吸症候群の治療

中等~重症の無呼吸には、CPAP療法が治療の第一選択と言われています。
軽症~中等症には他の治療法が選択される場合もあります。
軽度の場合は睡眠用のマウスピースを歯科の先生に依頼して作っていただくこともできます。
扁桃腺肥大などがある場合や鼻などに原因がある場合には、耳鼻科の先生に手術を依頼いたします。

生活習慣の改善(減量・禁煙・禁酒・睡眠薬服用の減量)

CPAP療法 CPAP療法(経鼻的持続陽圧呼吸療法) クリック
口腔内装具 口腔内装具(マウスピース) クリック
外科的手術 外科的手術
(UPPP、LAUP、アデノイド・扁桃肥大除去手術など)
薬物療法 薬物療法(呼吸刺激剤・アセタゾラミド、三環系抗うつ薬)

無呼吸の主な原因は、気道に沈着した脂肪が原因のことが多いため、肥満傾向のある方は、CPAP療法に併用して減量を行う必要があります。
当院では、管理栄養士によるダイエットサポート(栄養指導)を行っております。