霧ヶ丘つだ病院

093-921-0438
FAX:093-921-5988
電話受付時間:AM9:00〜PM5:00
福岡県北九州市小倉北区霧ヶ丘3丁目9-20

文字サイズ

クリニカルアート教室

ー 臨床美術 ー
クリニカルアート教室のご案内

クリニカルアート【臨床美術】って何??

臨床美術とは、絵画など創作活動を通じて楽しく人間の脳を活性化しようとする美術活動です。
主に、心理的な診断としてのアートセラピーから一歩進め、絵を描く過程に重点を置き治療を目的として始められました。
現在は認知症治療の現場など幅広い分野で注目されています。
臨床美術は子供から大人はもちろん認知症患者まで、誰もが楽しめるようにと考案された美術教育法で、上手・下手という評価はせず、創作活動を自由に楽しんでもらうことが目的です。
普段とは違った物の見方で考えられながら作業をするため、脳が活性化すると考えられています。
臨床美術では「うまい」「上手」という誉め言葉を使わないで、「色がきれい」とか「美味しそう」など作者が感じて表現した部分を具合的に言葉にしてあげます。


最近では高齢者の現場以外でも企業の社員研修として社会人の脳の活性化、ストレスの解消にも活用されたり、子供たちの感性を育む教育や福祉教育、さらには発達が気になる子供へのアプローチ等、幅広い分野で高い評価を受けています。


非日常的な創造の場を持つことは、精神生活を豊かにしてくれます。
人間の脳には思考・創造・判断・喜怒哀楽といった働きがあり、それらをコントロールするのが脳の司令塔とも呼ばれている前頭前野です。
臨床美術による創作活動によりこの前頭前野は刺激されるといわれています。

  • 日本臨床美術協会へのリンクはコチラ クリック
  • 福岡臨床美術士会へのリンクはコチラ クリック
  • あべやまアートサロンへのリンクはコチラ クリック

~ 月のクリニカルアート教室の日程 ~

『                』
日( )00:00~ 呼吸リハ教室にて ※患者さん教室お休みです
日( )00:00~ あべやまにて ※あべやま教室お休みです
日( )00:00~ 呼吸リハ教室にて ※スタッフ教室お休みです
     
※クリニカルアート教室は1コマ1時間~1時間半ほどお時間をいただきます。
過去のクリニカルアート作品はこちら クリック
☆ 心が元気に ☆

五感で感じることを楽しみながら表現すると色や形から想像力が刺激され、ヤル気や元気が出てきます。

☆ どなたでも楽しい ☆

上手い下手に関係なく、経験・年齢・性別・生活環境にも関係なく、どなたでもイキイキと自己表現することができます。

☆ つながりを大切に ☆

作品を通していろいろな人とコミュニケーションができます。

☆ 新しい自分を発見 ☆

大切なのは、何をつくったかではなくどのようにつくったか。
満足のいく自己表現をすることは自分自身を見つめることになります。

☆ その人らしさが出た個性溢れる作品 ☆

クリニカルアート教室